マンションを売却するときに感じたこと

印象だけで不動産を選ぶのは危険

マンション 売却 | 中古マンション売却価格

もちろん生活費のことも考えるとやはりよい不動産会社選びが重要だと感じます。
売却をするときには、専任専属媒介契約と専任媒介契約が気にないましたが詳しくは不動産改善に聞いてみようと考えていました。
そして実際に2件目の不動産会社に行ってみたところ、担当者が感じの良い雰囲気を持った人でしたので、そのまま様々な質問をぶつけてみるとそれぞれ丁寧に答えてくれたのが印象的です。
この人なら間違いないと思い、すぐに契約はしませんでしたがとりあえず査定をしようと考えました。
そこで査定お申込み不動産会社から連絡が来るのを待っていると、私たちが希望していた金額よりも若干安かったですが、選任専属媒介契約にしてくれるならばもう少し高く売却することができると教えてくれたわけです。
そこで私たちは、専任専属媒介契約を選ぶことにしました。
この契約の特徴は、ほかの不動産会社に売ることを依頼することができない点です。
また、専任媒介契約との大きな違いは、いずれもほかの不動産会社に媒介契約を結んで取引きすることができないことは共通していますが、大きな違いとしては自分が不動産物件を売る相手を見つけた時、専属専任媒介契約の場合はそれも否定されることです。
つまり、一度不動産会社と契約をした場合には、その不動産会社以外の人に売却をすることができないわけです。

実家に戻るためマンション売却印象だけで不動産を選ぶのは危険たったの1カ月で買い手が付きました